テレフォンセックス(通称テレセ)は、相手に触れない疑似セックスです。そのため、ボディタッチなしでどうやって快楽を得るんだ(与えるんだ)?と、疑問を感じる人も多いかと思われます。
 テレフォンセックスにおけるボディタッチは『いやらしい言葉』です。相手は、こちらの発言から妄想を膨らませ、あたかも触れられているかのような錯覚を得ます。何故なら、人間の脳は意外と出鱈目だからです。そのため妄想力が豊かな人ほど有利=楽しめる傾向があります。
 とはいえ、いやらしい言葉ばかりではいけません。こうした刺激はすぐにマンネリ化するため、別の要素も取り入れましょう。手っ取り早いのは、荒い息遣いです。適当な間隔で息遣いを混ぜ、臨場感を演出しましょう。
 モラルとマナーさえ守れば、どのようなプレイをしても構いません。もし趣味の合う相手が見つかったなら、その関係を大切にしましょう。定期的、且つ気軽に楽しめる相手がいると、テレフォンセックスはより楽しいものになります。
 もちろん新規開拓も大切です。気になる相手とは、どんどん関係を持ちましょう。